基礎知識

ハンモックで冬キャンプをするための準備

基礎知識

ソロキャンプの流行に伴って、ハンモック泊に興味を持つ人が増えてきました。ハンモックはソロキャンプと相性が良いのですが、冬キャンプに使うためには必要な装備があります。十分な装備がない場合は、凍死の恐れもありますので、寒さを感じた場合は車内泊に切り替えるなど臨機応変な対応を心がけてください。

ここでは、冬のハンモック泊で用意したい装備についてご紹介します。

ハンモックの種類

ハンモックには夏用や冬用といった違いはありません。

素材が布、パラシュート生地、編み込みなどがありますが、キャンプの場合はパラシュート生地などのナイロン素材を使ったものが一般的です。

Lenzai 最新型 ハンモック 蚊帳付き 虫対策 パラシュート 通気 快適 軽量 4点セット 収納袋付き カラビナ付き 野営 ソロキャンプ ハイキング 蚊帳付きハンモック 日本語説明書付き
ブルキャンプハンモック揺れることで、バランス感覚と知覚が養われたり満足感を得ることができます。のんびり寝転んで本を読んだり音楽を聴いたり、心身共に癒されるハンモックです。室内、庭園、キャンプ、ビーチ、ピクニック、オートキャンプ、ピクニック、登山、旅行、アウトドアなど広い場所に活躍しています。リラックス効果が期待できるの...

布や編み込みはリゾートでの利用には良いですが、あまりコンパクトにならないため、持ち運びに向かないという欠点があります。

アンダーブランケット

ハンモックは空中に浮いている状態ですので、下からの冷気の影響を受けやすいです。

そこで、アンダーブランケットを使って、ハンモックの下を包み込みます。ハンモックの下に取り付けるので、体重で押しつぶされることなく空気の層が保たれるので、想像以上に保温効果が高いです。

OneTigris ハンモック式寝袋 2人用 3シーズン ハンモックに取り付け アンダーキルト 防寒用 キャンプ
OneTigrisハンモック式寝袋2人用3シーズンハンモックに取り付けアンダーキルト防寒用キャンプ

厚手のシュラフ

ハンモックの中では、身動きが取りずらいので普通の布団や封筒型のシュラフでは上手く身体にフィットしない場合があるので、マミー型のシュラフがおすすめです。

Soomloom マミー型 高級ダウン650FP寝袋 登山シュラフ/キャンプ アウトドア 防災用 避難用 防水
Soomloomマミー型高級ダウン650FP寝袋登山シュラフ/キャンプアウトドア防災用避難用防水

タープ

晴れている夜でも、気温差によって夜露が降りることがあるので、タープはあった方がよいです。急な雨にも対応できるので、少し大きめのタープがおすすめです。

DD Hammocks JAPAN DD Tarp 4×4 コヨーテブラウン
ハンモックのフライトして用いることよりもグループタープとして用いやすい大きさです。3m四方のタープで展開されるスタイルを大型で設営する事が出来ます。耐水性は3000mmのコーティングを施し、190Tポリエステルで作られています。サイズ4m×4mカラーコヨーテブラウン重量1290g※ペグ等を含まない付属品ガイドライン×4...

その他

概ね上記の装備があれば冬のハンモック泊を楽しめると思いますが、枕やマットなどはお好みで加えてください。ハンモックが沈み込んで腰が痛くなる場合は、腰のあたりに座布団などのクッションを入れると少しマシになります。

腰が痛くなるひとは、ハンモックが緩い可能性があります。強めに張ることで沈み込みが軽減されるのでお試しください。

タイトルとURLをコピーしました